タレイア・クァルテット サロンコンサート

タレイア・クァルテット サロンコンサート

イベント情報

演奏家 ヴァイオリン
チェロ
ヴィオラ
タレイア クァルテット
開催時刻 2020年 11月 07日 (土) 開場 14:30 開始 15:00
お問合せ先 美竹清花さろん/株式会社ILA
  03-6452-6711
  070-2168-8484
  info@mitakesayaka.com
  http://

当日プログラム

※プログラムはマチネ、ソワレで一部異なります。
 
【マチネ】 14:30開場/15:00開演
 
ハイドン:弦楽四重奏曲 第41番 ト長調 Op.33-5「How do you do?」
バルトーク:弦楽四重奏曲 第3番 BB 93
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421
 
 
【ソワレ】18:30開場/19:00開演
 
ハイドン:弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調 op.64-5「ひばり」
バルトーク:弦楽四重奏曲 第3番 BB 93
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421
 
 
※プログラム等は、やむを得ない事情により、 変更になる場合がございます。


チケット情報

【2公演開催!】

[マチネ]14:30開場/15:00開演
[ソワレ]18:30開場/19:00開演

[マチネ]14:30開場/15:00開演
下記予約フォームよりご予約をお願いいたします。
https://pro.form-mailer.jp/fms/31bd5b9c197879 

[ソワレ]18:30開場/19:00開演
下記予約フォームよりご予約をお願いいたします。
https://pro.form-mailer.jp/fms/6d370bcf202743

 

お席を増席させていただきました!
その他追加募集中の公演はこちらをご確認くださいませ♪

 

当日、現地払いでお願いいたします。

5,000円(一般・全席自由席)
4,500円(会員・指定席あり)
2,500円(学生・全席自由席)

※会員のご紹介はこちら
http://mitakesayaka.com/regular-member


弦楽四重奏団の女神、タレイアクァルテットが魅せる。
宿命的なモーツァルトとハンガリーが薫るバルトーク──

 彼女たちの外見はとても華やかである、そしてその演奏も美しく輝いている。しかし、音楽の方向性が一致している演奏の内面には、なにか本格的な迫力を感じとることができる。

 弦楽四重奏曲は、チェロとヴィオラと第1第2ヴァイオリンというきわめてシンプルな構成であるが、一切の虚飾や冗長性が許容されないため、作曲家が渾身の力を込めて生み出した貴重な作品が多い。
 彼女たちはそんな作曲家の意図を汲み取るように、弦楽四重奏曲の真髄を心得ているかのような演奏をいつも具現する。
その証拠に、ハーモニーが美しい。
 普段は朗らかな彼女たちから生まれるその透明感の高いこだわり抜いたハーモニーには、何か秘められた強さのようなものさえ感じられる。

 そして今回はそんな彼女たちが取り組むにふさわしいプログラムが用意されている。
 目玉はモーツァルトの弦楽四重奏曲 第15番 ニ短調 K.421。モーツァルトの音楽というのは心の中のもやもやしたものが霧散していくように、誰にでも分け隔てなく光を注ぐようだ。だが今回はモーツァルトが「死」の予感を漂わせる調としてドンジョバンニやレクイエムでも使用したニ短調である。宿命的でどこか哀愁が漂う曲調にどんな意味が秘められているのか、生の演奏で体感しよう。

 天上の音楽がモーツァルトであるとしたら、それとはどこか対照的な、土着のハンガリーが薫ってくるようなバルトークの弦楽四重奏曲 第3番も聴きどころといえる。

 本格的な弦楽四重奏の演奏を体験するのに理想的なサロンでの演奏会を味わったことのない方には、特に強くおすすめしたい。

※ タレイア(ギリシャ神話で開花・繁栄・花盛りの女神とされる) 

(美竹清花さろん)

 

<プロフィール>

タレイア・クァルテット

2014年4月、山田香子、日吉麻優子、渡部咲耶、石崎美雨の4人により、東京藝術大学在学時に結成。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015 第3位。第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。銀座ヤマハサロン、渋谷区文化総合センター大和田、レクサスショールーム、東京芸術センター、東京藝術大学第6ホール、三島市民文化会館、宗次ホール等にてリサイタルを開催。2016年度より、日吉麻優子の海外留学に伴い、2vnを大澤理菜子に変更し活動を続ける。同年イギリスにて開催のLake District Summer Musicでイギリスデビュー。湖水地方各地にてリサイタルを開催し、好評を博す。2017年、イギリスにて開催のChiringirian Quartet Summer Courseに参加。宗次ホールにて百武由紀氏、藝大130周年事業「藝大茶会」にて澤和樹氏と共演。プロジェクトQ第15章に参加。日本演奏連盟「新進演奏家育成プロジェクト」オーディションに合格し、2018年9月東京文化会館にてリサイタルを開催予定。山崎伸子、磯村和英の各氏に師事。

 

山田 香子(YAMADA Kako)1st Violin
 
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校および東京藝術大学を経て、同大学大学院修士課程を首席で修了、大学院アカンサス音楽賞受賞。静岡県学生音楽コンクール第1位および室内楽協会長賞、KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞(部門最高位)および兵庫県教育長賞、大阪国際音楽コンクール第2位(部門最高位)、等受賞。沼田園子、澤和樹、山﨑貴子、ジェラール・プーレ、ピエール・アモイヤル、堀正文、松原勝也、野口千代光の各氏に師事。
 
二村 裕美(FUTAMURA Hiromi)2nd Violin
 
福岡県北九州市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学卒業。北九州芸術祭、全日本学生音楽コンクール、西日本国際音楽コンクールなどのコンクールにて上位入賞。第15回北九州市の若い芸術家を育む会パドロニーニグランプリ。デザインKアンリミテッド国際音楽コンクール2014、全部門中グランプリ。第8回横浜国際音楽コンクール、アンサンブル部門第1位。
現在、東京藝術大学指揮科教育研究助手をつとめながら、東京と福岡を拠点にフリーの演奏家として、ソロ、室内楽、オーケストラの客演演奏、レコーディングなど、ジャンルを問わず活動中。また後進の指導にもあたる。
 
渡部 咲耶(WATABE Sakuya)Viloa
 
5歳よりヴァイオリンを始める。大学入学時にヴィオラに転向。東京藝術大学を経て、同大学院修士課程修了。大学卒業時に同声会賞、大学院修了時に大学院アカンサス賞を受賞。第3期サントリーホール室内楽アカデミー修了。2015年ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第3位受賞。2016年宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位受賞。2016年東京芸術大学奏楽堂にてヘンシェル弦楽四重奏団とモーツァルトの弦楽五重奏曲を共演。これまでヴァイオリンを西川重三、小林すぎ野、久保良治の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。
 
石崎 美雨(ISHIZAKI Miu)Cello
 
8才よりチェロを始める。第12回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部銀賞。第68回全日本学生音楽コンクール東京大会本選 チェロ部門大学の部3位。第12回ビバホールチェロコンクール井上賞。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業時に同声会賞受賞。山崎伸子、中田有、増本麻理、中木健二各氏に師事。