グレッブ ステパーノフ

チェロ

レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ、モスクワ国立中央音楽学校を経てモスクワ国立チャイコフスキー記念音楽院に進学し伝説的な音楽家と広く称されるナタリア・グートマン女史に師事。国際スラヴ音楽祭コンクール、ウラジオストク国際音楽コンクール、ヴィンチェンツォ・ヴィッティ国際コンクール(イタリア)、そして若手の登竜門であるFLAME国際コンクール(パリ)など多くのコンクールにてその実力を認められた。
 FLAME国際コンクールの優勝を皮切りに演奏活動を国際的に展開し、モスクワ音楽院大ホールや救世主大聖堂をはじめモスクワ、サンクトペテルブルグから極東ハバロフスク、ウラジオストクまで国内各地をくまなく演奏旅行で訪れるほか、ヨーロッパ諸国、米国、アジアへも招かれている。
 イリーナ・ボチコーヴァやミハイル・ヴォスクレセンスキー、マリア・ガンバリャンなど名だたる演奏家より共演パートナーとして慕われ、今後ますます活躍が嘱望されている。


Gallery