伊藤 悠貴

チェロ

 

 

センセーショナル…国際舞台の頂点における地位を確立するだろう”(英ストラッド誌)

“ハリウッド流のカリスマ、投資対象としてのスター性を備えたアーティスト” (英BBC)

“新世代の天才チェリスト”(英ニュースダイジェスト)

“著しく成熟し味わいのある演奏”(アメリカン・レコード・ガイド)

“ラフマニノフの新たな伝道者”(日本経済新聞)

“傑出した才能”(毎日新聞)
“世界クラスの大器”(レコード芸術誌)

 

1989年東京出身、15歳で渡英。2010年ブラームス国際コンクール、2011年英国の最高峰・ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝。同年名門フィルハーモニア管弦楽団とデビュー、以来ソリストとして国際的な演奏活動を展開している。

これまでにV.アシュケナージ、小澤征爾、D.ゲリンガス、J.ロイド=ウェバーらと共演。2016年に宮沢賢治生誕120年記念NHK世界放映リサイタルを開催、100年記念にはヨーヨー・マが行った大役を担った。

とりわけライフワークとするラフマニノフ作品の演奏・解釈は高い評価を受け、2018年には音楽界の殿堂ウィグモア・ホールにてホール史上チェリスト初となるオール・ラフマニノフ・リサイタルを開催、またデビュー盤「ラフマニノフ:チェロ作品全集」はストラッド誌「特選盤」を受賞している。

最新アルバムは「ザ・ロマンティック」(レコード芸術誌「特選盤」)。

指揮者としてナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督を務め、英BBC、NHKをはじめ各国のテレビ、ラジオ番組への出演、クラシック音楽ラジオ局OTTAVA「伊藤悠貴 The Romantic」のパーソナリティも務めるなど、活動は多岐に渡る。

‪倉田澄子、A.ボヤルスキー、D.ゲリンガス各氏に師事。英国王立音楽大学首席卒業。

使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与された1734年製M.ゴフリラー。 

 

 

 

 

音楽事務所ジャパン・アーツ

伊藤悠貴後援会

ラジオ番組『伊藤悠貴 The Romantic』

 

 


Gallery